ツール

ツールの効果、作り方を記事にしていく、、予定です。

ツール

PLC通信ライブラリ(Ethernet)

このカテゴリではこれまでPLCとの通信に関連することを記事にしてきました。こんな風にすれば、、こんな感じに考えれば、、というだけでは上から目線や言うだけ番長感が満載なので、Ethernet通信でデバイス読み書きが出来るなんちゃって通信ライ...
ツール

ツールの作り方 – 画面編

前回まではPLCとの通信に関連することを説明してきましたが、今回は画面=ユーザインターフェースの部分をサクッと説明していきます。 通信について PLC用のツールなので、まずは通信に関する部分が必須です。 通信設定通信の開...
ツール

ツールの作り方 – 通信編/上位リンク(KEYENCE)

今回はKEYENCEの上位リンクを説明します。※Ethernet通信のみ(上位リンクはAsciiのみ)※EthernetまたはEthernet/IPユニットのマニュアルに詳細が記載されています フォーマットの確認 送信データ(...
ツール

ツールの作り方 – 通信編/FINSコマンド

今回はOMRONのFINSコマンドを説明します。※Ethernet=Binary通信のみ※FINSコマンドのマニュアルが手元にないと理解できないので前回を参考に入手してください フレーム構成の確認 コマンドフレーム構成(PC...
ツール

ツールの作り方 – 通信編/MCプロトコル

今回は三菱MCプロトコルの3Eフレームをベースに送受信データを説明します。※他のフレーム(1C~4C、1E、4E)については特に説明しません。※MCプロトコルのマニュアルが手元にないと理解できないので前回を参考に入手してください。 ...
ツール

ツールの作り方 – 通信基礎編

今回は実際にPLCと通信するための基本的なことをソースコード(VB)を交えて説明します。※プログラム言語の基本中の基本については特に説明しません。コードの意味が分からない場合はグーグル先生に聞くと優秀なサイトを教えてくれるハズです。 ...
ツール

ツールの作り方 – 準備編

前回はツールの有用性・目的を記事としましたが、今回から何度かに分けて作り方を記事にしたいと思います。 PLCを相手とするPCツールを作成する場合、通信処理は避けて通れません。というよりPLCを相手にするなら通信処理=デバイス値のRe...
ツール

ツールマスターへの道

デバッグの効率化を考える PLCのプログラムを作成してデバッグをするときにPC側からPLCにアクセスしてデバイスの読み書きが出来ると便利で効率的です。(そもそも何かしらの手段でデバイス値がモニタ出来なければデバッグになりませんが。。...